職場のストレス診断・職業性ストレス簡易調査票 無料診断!厚生労働省が作成したストレスチェック

ストレスと糖尿病

食べることが大好き、お酒が大好き、運動は大嫌い・・・そんな人がなりやすい糖尿病は、「贅沢病」とも呼ばれている病気です。糖尿病になってしまうと、血糖値が高くなってしまうため、血糖降下薬などを服用することになりますが、並行して、食事と運動に気をつけて生活していくことが必要になります。いつでも好きなものを食べて、運動なんてしたくないという人にとって、食事療法や運動療法は、生き地獄ともいえるほど辛いことのようです。そのため、糖尿病になってしまう前に、生活習慣をぜひ一度振り返ってみましょう。

糖尿病は、生活習慣、遺伝、自己免疫異常などが原因で引き起こされると考えられています。中高年の人に多い糖尿病は、そのほとんどが生活習慣によるものです。ここでは、生活習慣による糖尿病についてお話していきます。

糖尿病は、血糖値が高くなってしまうことで有名ですが、それにはインスリンの働きが関係しています。インスリンは、血液中の糖をエネルギーに変えて、全身の細胞へ送りだします。そのため、血糖値を下げることができるのです。糖尿病の人は、このインスリンの分泌が少なくなってしまったり、インスリンを分泌できてもその働きが弱いためにうまく作用されなかったりして、血液中に取り込まれた糖をコントロールすることができなくなってしまいます。そのため、血糖値が上がってしまいます。高血糖の状態が長く続くと、身体に様々な不調を起こし、腎障害、神経障害、網膜の病気などの合併症を引き起こし、透析しなければ生きられなくなってしまったり、足が腐って切断しなければいけなくなったり、失明してしまったりします。また、感染しやすいため、傷口がいつまでたっても治らなかったりもしますし、心筋梗塞や脳梗塞などの危険も高まります。糖尿病はとても怖い病気なのです。

では、インスリンの分泌量が減ったり、働きが弱まってしまうのはなぜ起こるのでしょうか?原因はいろいろありますが、そのひとつにストレスがあります。ストレスを受けるとストレスホルモンが分泌され、血糖のコントロールに影響を与えます。ストレスホルモンによってインスリンの分泌が抑制されてしまったり、インスリンの作用を弱めてしまうのです。そのため、ストレスを放置していれば、血糖値が上昇し、糖尿病へとなってしまう可能性が高まってしまいます。