職場のストレス診断・職業性ストレス簡易調査票 無料診断!厚生労働省が作成したストレスチェック

個人の効果的活用法

ストレス診断は「やりっぱなし」ではもったいありません。

ストレス診断を一番有効に活用できるのは、自分のストレス状態への気づきが促がされた状態で、タイミングよく、具体的なストレス改善のアクションを起こすことにあります。

そして、後日再度、ストレス診断を行うことによって、自分のストレス状態の改善の程度がわかります。ストレス診断は、このような介入効果のフィードバックとして利用することが一番効果的です。

学生の頃を思い出してください。模擬テストだけ受けていても、成績は上がりません。頑張って工夫して勉強して、その結果として模擬テストの成績があがったとき、さらに勉強する意欲が生まれたはずです。スポーツ競技などでも同じです。

ストレスは我慢するもので、それを改善することはできないと考える人たちも大勢いますが、それは誤りです。『ストレスの基礎講座/ストレスって何だろう?』にて、ストレスをまずは理解することからはじめてみませんか?